KHIA header施工事別

VOL JP-3, NO 12

破損した絶縁碍子の肉盛補修

 
 

産業:

電力 (POWR)

 
 

応用:

 
 

顧客企業:

エジプトの発電所

 
 

施工時期:

2005年2月

 
 

施工対象:

磁器碍子

 
 

問題と原因:

絶縁碍子の縁部分が破損し、変圧器との接続部からオイルの侵入が発生

 
 

使用製品:

Belzona 1111 (スーパーメタル)

 

母材:

磁器

 
 

工法と施工手順:

一部変更した施工手引書GSS-1に基づいた施工が行われました。

 
 

施工関連情報:

ベルゾナの補修によって碍子の深刻な破損問題は解決されました。また、交換用の新規購入を不要としたことで$5,000 (当時のレートで約52万円) 以上の費用を削減しました。絶縁耐力に優れたBelzona 1111は、当該施工に最適な素材でした。

 
 

写真

1. 破損した碍子 2. Belzona 1111を使用し、健全な部分から型を採取 3. 破損した縁部分を再生 4. 補修された碍子2つ

 
Case study pic one

 

 
 Case study pic two

 

 
 Case study pic three

 

 
 Case study pic four

 

 
 
Belzona製品の詳細については、アクセスしてください www.belzona.jp