KHIA header施工事別

VOL JP-1, NO 4

厄介な漏洩補修

 
 

産業:

一般工業 (GIND)

 
 

応用:

バルブ、配管、取付具 (VPF)

 
 

顧客企業:

アメリカ、ミズーリ州オファロンにあるAFBインターナショナル社

 
 

施工時期:

2008年11月19日

 
 

施工対象:

製品の製造過程で出される固形物や液体がスライドゲートにより下方に押され、1/4インチの厚さのアルミニウムフレームの底部を壊し、大量の固形物が屋根の上に排出されている状況でした。この漏洩により大量の異臭ガスを近隣へ放出し、近隣世帯、市役所から苦情が出ていました。

 
 

問題と原因:

十分な洗浄が不可能な上、油分の多い液体の漏洩を止めることができなかったため、限られた時間内で補修を行わなければなりませんでした。

 
 

使用製品:

Belzona® 1161(スーパーUWメタル)
Belzona® 4131(マグマスクリード)

 

母材:

アルミニウム

 
 

工法と施工手順:

表面に水を掛け最低限の洗浄を施し、スチール製の導管をアルミニウムフレームの底部と継ぎ目に結合させます。その縁端はBelzona® 1161を使用し接着させ、隙間はBelzona® 4131で充填されました。

 
 

施工関連情報:

ゲートの全体をステンレススチールに交換した場合、高額な費用を要する上、長期の操業停止を強いられることになりますが、Belzonaの解決策ではその必要がありませんでした。顧客はBelzonaが以前行った施工が効果的だったため、この方法を採用しました。

 
 

写真

1. 崩壊し、開ききったゲートの底部 2. 洗浄が完了した補修前の施工部分 3. 補修後の導管の底部 4. 補修後の導管の側面

 
Case study pic one

 

 
 Case study pic two

 

 
 Case study pic three

 

 
 Case study pic four

 

 
 
Belzona製品の詳細については、アクセスしてください www.belzona.jp