KHIA header施工事別

VOL JP-4, NO 1

旅客フェリーのスムーズな運航に貢献

 
 

産業:

海洋 (MRNE)

 
 

応用:

船舶、海洋構造物 (SOS)

 
 

顧客企業:

カナダ、ブリティッシュコロンビアのフェリー会社

 
 

施工時期:

2002年4月

 
 

施工対象:

大型フェリーのラダーホーン

 
 

問題と原因:

ラダーホーン前面および側面のキャビテーションとそれに伴う減肉

 
 

使用製品:

Belzona 2141(ACRフルイドエラストマー)

Belzona 1341(スーパーメタルグライド)

Belzona 1121(スーパーXLメタル)

 

母材:

鋼鉄

 
 

工法と施工手順:

施工はBelzona Know-How 施工マニュアルSOS-1、およびSOS-2に従って行われました。

 
 

施工関連情報:

ペンシルベニア州立大学応用研究所で行われた検証試験によってBelzona 2141の優れた耐キャビテーション性が証明されています。 通常であれば数百カ所におよぶ損傷部の肉盛溶接、または広範囲の当て板溶接が必要でしたが、これらを行うことなく補修を完了し、更に再発を防止する保護を施すことに成功しました。

 
 

写真

1. はっきりと確認可能なキャビテーション被害

2. Belzona 1121で肉盛再生

3. Belzona 2141を施工

4. 施工終了

 
Case study pic one

 

 
 Case study pic two

 

 
 Case study pic three

 

 
 Case study pic four

 

 
 
Belzona製品の詳細については、アクセスしてください www.belzona.jp